【無料】SEOツール9選【使い始め時期アドバイス】

SEOで使える無料ツール

有料のSEOツールも沢山ありますが、その前に無料のツールをご利用下さい!
グーグルが作っている物もたくさんあり、十分に使えます!

いきなり全部を使わなくても大丈夫!使い始めるといい時期の目安も記載してます!

【準備】グーグルのツールを使うのにはChromeがオススメ

グーグルのツールを使うには、ブラウザはChromeがオススメです。
というか、Chrome以外はありえない!と思うくらい、グーグルツールとの相性は抜群!

Chromeがインストールされてない場合は、まずはそこから始めましょう

https://www.google.com/intl/ja_jp/chrome/

【グーグル】サーチコンソール Search Console 【初期~】

https://search.google.com/search-console

グーグルとのコミュニケーションツールです。
グーグルから「エラー出てますよ」とか「こういう検索ワードで流入してますよ」という情報が見れます。

また、ホームページ運営側からも、「このページをインデックスして下さい」と依頼を出すことも出来ます。
一刻も早く、検索で引っかかるようにしたい時に使えます。
そういう意味では、SEO初期には一番頼もしいツールです。

【グーグル】 アナリティクス Analytics 【最低300クリック/月~】

https://analytics.google.com/analytics/web/

グーグルが提供するアナリティクス Analyticsはその名通り、分析をすることができるツールです。

どんな人が来ているのか(国や都道府県、年齢、性別や)、どんな動きをしているのか、などあらゆる情報を見ることが出来ます。
ある程度ページ数が増えてきたら取り入れたいツールです。

アナリティクスを始めるのは最低でも月に300クリック以上はある時。
それ以下だと、情報量が少なすぎて分析もなにもない状態です。

【グーグル】 ページスピードインサイト PageSpeed Insights【初期~】

無料SEOツール PagespeedInsights

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

今はスマホが一番見られるデバイスになっています。スマホで見る時は、パソコン以上に表示スピードが重要。
ページスピードインサイトでは、表示スピードを100点満点で評価してくれます。

また、どこが原点ポイントになっているかも教えてくれるので、何を修正するか、修正ポイントもわかりますから便利です。

簡単に変えられるものもあれば、技術的に不可能なものもあり、全部が叶えられるわけではないのですが、表示スピードが落ちる、最も大きな原因は画像の大きさです。

だから、ページスピードインサイトは初期からおすすめ。
特に初心者は、スマホで撮った画像をそのままウェブサイトに掲載してとても重いページを作りがちなので、ご自身で何が遅くしている原因かを知るのも良いことです。

【グーグル】 マイビジネス【超初期~】

https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

SEOではないのですが、MEOといいます。店舗型、来所型のビジネスだった必須のツールです。
グーグルマップ上にご自身のビジネスを掲載することが出来ます。

口コミが書かれた場合は、返信することも可能です。

最近では、自宅付近の探索では検索エンジンよりマップで検索するケースも増えています。
グーグルマイビジネスに登録をしておくことで、マップに掲載出来ますので、ぜひご登録下さい!

これはホームページが出来上がる前に登録することもできるので、超初期にスタートしてOK!

【グーグル】Lighthouse ライトハウス【SEOマニアになりたい人】

https://chrome.google.com/webstore/detail/lighthouse/blipmdconlkpinefehnmjammfjpmpbjk/related?hl=ja

これはChromeの拡張機能の一つです。
英語で出てきますが、右クリック→日本語に翻訳 をやると、日本語で読めるようになります。

とはいえ、直訳なので、「???」という内容が並びますが、気になるものはググりながら、一つずつ修正することになります。
もう少し意味が通じるのだったらオススメしたいけど、今は初心者にはあまりオススメできないです

【グーグル】グーグルトレンド 【中級者~】

https://trends.google.co.jp/trends/?geo=JP

「ドーナッツ と ドーナツ」
「ドラクエ と ドラゴンクエスト」
「税理士事務所 と 会計事務所」

それぞれどちらの方が検索ボリュームがあるか、ご存知ですか?

それをお答えするのが、グーグルトレンドです。
意外と自分がマイナーだった!ということもあるので、より検索されるワードを使うと良いことありますよ!

【グーグル】キーワードプランナー 【有料広告する人向け】

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

こちらもグーグルから出てるツールです。
グーグル広告の初期設定などが必要になりますが、そのキーワードが月間にどのくらい検索されているかが分かります。

ただ、1万~10万、1000~1万とかなりざっくりした表示なので、細かくは出来ません。

有料広告を出す際に、いくら位かかるか、などの予想も分かるツールですので、
もし、有料広告をされるならぜひご活用ください

SEOチェキ【初期~】

https://seocheki.net/site-check.php

すごく簡単に、狙いたいキーワードで今何位に表示されているかを見ることが出来ます。
店舗型のビジネスの場合、エリアによっては順位が変動しますので、ある程度の目安としてお考え下さい。

SEO META in CLICK 【300クリック/月~】

https://chrome.google.com/webstore/detail/seo-meta-in-1-click/bjogjfinolnhfhkbipphpdlldadpnmhc?hl=ja

これもChromeの拡張機能です。

Chromeの右上を1クリックで、タイトル、ディスクリプション、リンク数、見出しタグ、画像のaltまで確認出来ます。
SEOが上がらなくて「何があかんねん!!!」となっているときに使って、
大体の場合、ここを見てると「あ・・・サーセンでした・・・」と、なりますw

すごく簡単にチェックできるので、見返すのが便利ですね。

高評価【初期~】

https://ko-hyo-ka.com/

URLと狙いたいキーワード(検索クエリ)を入力すると、得点を出してくれます。
キーワードの出てくる個数なども集計してくれるので、SEO META in CLICK よりも更に詳しくページを分析出来ます。

最重要なキーワードは文字数の比率を5%を目指すといいとか・・・結構多くて大変です

【Google】Squoosh スクーシュ(初期~)

Googleが運営しているサービスの一つで、画像をWebp化と縮小が同時にできるツールです。

Page Speed Insightsの部分でもお伝えした通り、ウェブ制作をしたことがない人がだいたい失敗するのが画像の処理です。
画像は小さく最大でも800px以下にしたほうが良いでしょう。
スマホで見られる場合は100pxとかでも大丈夫なこともあります。
必要以上に大きいのは離脱の原因になります。
jpegやpngではなくwebpにしたほうが同じ見栄えでもバイト数は下げる事ができます。

それらを同時にできるのがスクーシュ。1枚ずつしか出来ないのが面倒ですが、画像がどう変わるかを見ながらできるのでおすすめです。

まとめ

Googleやその他色々な会社が作っているウェブサービスは続々と出てきています。
他にも色々とあるのですが、これは合格!と思ったものは増やしていきますし、これはもう時代にそぐわないなーと感じたものは削除していきます。

サイトの成長具合によって、必要なツールは変わりますので、その都度考えましょ。

投稿者プロフィール

越尾
越尾税理士法人YFPクレア SEO/コンテンツ制作担当
入社半年から自社サイトの運営を担当。
最初は300PV、社内の支援も特になかったのですが、コツコツ続けてると手伝ってくれるスタッフも増え、今では月間20,000PVをキープ。
2年目からは求人も自社サイト+indeedで行う。
1求人当たり20,000円以下で採用ができている。

税理士法人YFPクレアのお客様とお会いして、
中小企業の3大悩みは「お金」「集客」「採用」と気づき、
自社サイトを通じて得られたノウハウを使って、顧問先のお客様やこれから創業されるお客様に貢献したいと思い、ホームページ制作サービスを開始。

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください

メールが送れない場合は info@yfpcrea.com にメールをお願いします